スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Une histoire de la flamme外伝 Histoire Argent

彼はかつて、マスターと呼ばれていた
彼はかつて、心の底から結ばれた仲間達と旅をしていた
彼はかつて……友を、失った


『ジョウトリーグ新チャンプ誕生』
『R団ジョウト支部の非道な実験』
そんな記事がニュースを賑わせたのも既に数年前。
彼は、黙々と旅支度を整えていた
「ゴールド、決めたことにどうこう言わないけど…いいの?」
彼の傍で問いかけるのは、ホウオウ。
最早痛苦と思えるほどの永劫を往き続け、膨大な過去と未来に押しつぶされることを約束された存在
「良くはないけど、流石にどれだけかかるか判らないんだ、そんな旅に皆連れて行けないさ」
困ったように笑う姿は、少々痛々しく、それだけに固い決意も見て取れた
それぞれに想う相手が、ともに歩む恋人が、決着をつけるべき相手がいる。
それらを放り出して付いて来い、などと言えるはずもない、そんな事は、判りきっていた
「……ミツキ」
「此処に、マスター」
しずかに、囁くように、彼は最後の従者の名を呼ぶ
「君に自由を、ともに生きるべき人とあるように」
「……畏まりました、ではマスター、これにて」
それは、主従の契約を解除する言葉。
それを告げられたとき、ある者は泣き崩れ、ある者は涙をこらえ、笑顔を浮かべて別れを告げた
そして今、最後に残る、永遠の命は…
「……な~んて、言うとでも思った?安易なヒロイズムに浸ってるおばかさん」
金色の翼を広げて…
そこに、居た
「確かに、主従の契約は解除されたわ、でも、傍に居ちゃいけない理由にはなってないわよね?ゴールド」
「ミツキ…どうして……」
少々面食らったように言うゴールドの正面に立ち、ホウオウがやさしく微笑む
「言ったでしょ?私は永遠を生きる、人の一生は私にとってほんの一瞬……それでも、愛することが出来る人と共に在れるなら、その一瞬は、きっと永遠を埋めて余りあるわ」
頬に手を当て、ホウオウがゴールドに口付けをする。
それは二度目、一度目は彼とかつて主従の契約を結んだとき、その証として
そして今は……添い遂げる誓いとして
「行きましょう、カントーへ、彼を追うのでしょう?」
そして黄金の翼は、空を翔る
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

という訳で

某TRPGの人や、某害鳥さんに触発されて作ってみました。
まー更新はまれになるでしょうが裏話、ネタ晴らしなどをほそぼそとw

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。