スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Une histoire de la flamme外典 L'histoire de la ville d'eau et l'amour3

半ば「それ」にたたき起こされるかのように、スィンは意識が覚醒した
ほぼ本能で体を木の陰に隠し、周囲をうかがう
体内時計は今が明け方であると告げていたが、明るすぎる。
特に、日の出というのは南東から始まるものだったろうか?
「……火?」
彼女の呟きを肯定するかのように、僅かばかりの輝きは、数刻を待たずして大火と変貌した


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。